GPT-4の使い方完全ガイド!料金・できること・GPT3.5との違いも

GPT-4はOpen AIの最新AIモデルであり、高度な処理を行うことが可能です。

ただしAIに詳しくない場合、使い方や利用料金など分からない点が多いと思います。

そこで本記事では、GPT-4の使い方や利用料金、できること、GPT-3.5との違いについて詳しく解説していきます。

これからGPT-4を使ってみたいと考えている人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

なお、AIを使って効率的にブログ記事・SEOコンテンツを作成したいのであればAItoolsを利用するのがおすすめです。

今なら5日間の無料トライアルもご用意しているので、AIライティングに興味がある人はぜひチェックしてください。

AItoolsの詳細はこちら>>

ChatGPTとは

ChatGPTは、ユーザーの質問や要望に対し、自然な文章で回答を提供するAIチャットサービスです。

このサービスの大きな魅力は、人間のように会話ができる点にあります。

また、Excel関数やプログラムコードの作成、小説やストーリー型の文章の執筆など、多岐にわたる機能を備えています​​。

しかし、ChatGPTは必ずしも完璧ではなく、時に不正確な情報を提供することがあります。

特に、データベースに依存するため、最新の情報が不足している場合がある点、専門性の高い質問に対しては適切な回答ができない場合もあります​​​​。

利用に際しては、得られた情報の正確性を確認することや、機密情報の取り扱いに注意することが重要です。

これらの点を理解し適切に活用することで、ChatGPTは日々の業務や学習の助けとなるでしょう​​。

GPT-4とは

GPT-4は、OpenAIによって開発された最先端の大規模言語モデルです。

このモデルの卓越性は、多様なデータ形式(テキスト、画像、音声)に対応し、高度な理解と複雑なタスクの実行が可能であることにあります。

具体的には、文章の生成、添削、要約、翻訳、プログラミングコードの生成など、広範な応用が期待されています​​。

GPT-4は画像入力も受け付けるマルチモーダル能力を有しており、これにより画像の内容を理解し、適切なテキスト応答を生成できます。

たとえば、画像の不自然な部分を指摘したり、グラフを分析してそのデータに基づいた計算や推論を行うことが可能です​​。

GPT-4はその高度な言語理解と多様なデータ処理能力により、幅広い分野での利用が期待される最先端AI技術です。

その使い方や活用事例を理解し、適切に導入することで、ビジネスや学習において大きなメリットを得られるでしょう。

GPT-4でできること

GPT-4でできること
  1. GPT-3.5の機能の高度処理
  2. 文章の添削・校正
  3. 文章の要約
  4. アイデアの提案

GPT-4でできることは主に上記4つです。

ここからそれぞれの機能について詳しく解説していきます。

GPT-3.5の機能の高度処理

GPT-4は前身であるGPT-3.5に比べ、さまざまな点で進化を遂げています。

特に、

  • 回答の精度
  • 創造性
  • 画像入力への対応
  • 安全な応答の提供
  • コンテキスト・ウィンドウの改善
において顕著な差が見られます。

GPT-4はGPT-3.5に比べて高度なタスク処理能力を備えており、創造性や安全性において優れた進化を遂げています。

より複雑で高度な用途でも対応することが可能になっているのです。

文章の添削・校正

GPT-4は、その高度な自然言語処理能力を活かして、文章の添削・校正を高い精度で行うことができます。

この機能は、文法チェック、表現の適切さの確認、スペルミスの修正など、さまざまな面で校正能力を発揮します。

GPT-4は数多くの文章を学習することで、言語の基本的な文法ルールや構造を理解し、文章中の文法的な誤りを検出し、正しい形に修正する能力を有しているからです。

また、GPT-4はさまざまな文章の表現パターンを学習することで、適切な言い回しや表現を提案する能力も持っています。

これにより、文脈を考慮した添削や適切な言葉の選定を行い、より自然で適切な表現に修正することが可能です。

GPT-4は文章の添削・校正作業を効率化し、文法的に正確で、表現豊かな文書作成をサポートします。

これにより、執筆者はより信頼性の高い品質の高い文章を提供できるようになるでしょう。

文章の要約

GPT-4は、論文やPDFファイルなどの長文を高度に要約する能力を持っています。

最新のアップデートにより、ChatGPTのトークン数が128kまで増加し、これまでよりも多くの文字数を読み込んで処理できるようになりました。

これにより、例えば論文全体の要約や目次作成、特定のセクションの抽出などが可能になり、複雑な文書の要約や情報の抽出がより効率的に行えるようになりました。

ただし、出力量には大きな変化はなく、今後のアップデートに期待されています。

また、プログラミングコードの全体を読む機能も強化されました​​。

アイデアの提案

GPT-4は新規事業アイデアの創出に特に有効です。

このAIを活用すると、様々な角度からアイデアを迅速に発散させることができます。

例えば人材紹介会社の事業展開について、多角的な視点で多数のアイデアを提供することもできます。

異業種転職支援サービスをはじめ、オンライン転職支援コンサルティングや業界研究と転職支援の一体型サービスなど、具体的かつ実践的な提案が可能です。

このようにGPT-4は異なる視点でアイデアを創出し、新しいビジネス機会の発見を支援します​​。

GPT-4の使い方

GPT-4の使い方としては、ChatGPTの有料プランに加入することです。

月額20ドルの有料プランに加入すれば、誰でもGPT-4を使うことができます。

基本的にはChatGPTにメッセージを入力すれば、AIによって回答が自動的に返答されるような形です。

ただし正確な回答を得たいのであれば、具体的な質問や要求をAIに指示する必要があります。

GPT-4の料金

GPT-3.5 無料
GPT-4 月額20ドル

GPT-4の料金について、上記の表にまとめました。

従来のGPT-3.5であれば無料で利用できますが、GPT-4を利用するためには月額20ドルの有料プランを契約する必要があります。

GPT-3.5とGPT-4では出力される回答の精度に大きな差があるため、より正確な回答を得たいのであれば有料プランへの加入も検討してください。

GPT-4を無料で使う方法はある?

GPT-4を無料で利用する方法はいくつか存在します。

これにより利用者は高額なサブスクリプション料金を支払うことなく、GPT-4の機能を試すことができます。

GPT-4は高度な技術を要するため、通常はサブスクリプション料金がかかりますが、一部のプラットフォームやツールでは無料で利用可能なオプションが提供されています。

例えば下記のような方法があげられます。

Microsoft Bing Chat Bing検索エンジンを通じてGPT-4を無料で利用できます。bing.com/newにアクセスし、「チャット」を選択、そして「クリエイティブ」モードに切り替えることでGPT-4モデルを活用できます。
Perplexity AI Perplexity AIウェブサイトで登録し、”Copilot”モードを有効にすることで、GPT-4を制限付きで無料で使用できます。
Hugging Face Hugging FaceウェブサイトまたはChatGPT 4ウェブアプリを訪れ、APIキーを使用して無料でアクセス可能です。
OpenAI Playground GPT-4を実験するためのウェブベースのツールであり、テキスト入力とGPT-4の応答を確認することができます。
Ora GPT-4を活用したチャットボットを作成するためのAIツールです。

上記のような方法を使えば無料でもGPT-4を体験できるので、ぜひ参考にしてください。

GPT-4とGPT-3.5の違い

GPT-4はGPT-3.5に比べて、より多くのトレーニングデータを持ちより複雑でニュアンスのある応答が可能です。

これにより、特に長い文章や複雑なタスクにおいて、GPT-4の方が優れています。

GPT-4は、1兆以上のパラメータを考慮して応答を生成する能力があり、GPT-3.5の1750億パラメータを大きく上回っています。

さらに、GPT-4は2021年9月までのデータを含む最新の情報を学習しているため、より現代的な応答が可能です。

これに対して、GPT-3.5は2021年6月以前のデータに限定されています。

GPT-4は、長いエッセイの作成やコードの生成など、より複雑な言語生成を必要とするアプリケーションに適しています。

また、テキストだけでなく画像を入力として受け入れる能力も持っているため、視覚要素を含むタスクにも対応可能です。

GPT-4は、その進化したトレーニングデータとパラメータの増加により、GPT-3.5よりも高度な言語処理能力を持っています。

これにより、ユーザーはより複雑でニュアンスのあるタスクに対応するAIモデルを利用できるようになります​​​​。

GPT-4を利用する際の注意点3つ

GPT-4を利用する際の注意点3つ
  1. 回答が100%正しいとは限らない
  2. 使用回数制限がある
  3. セキュリティ面での課題がある
GPT-4を利用する際の注意点は上記3つです。

ここからそれぞれの注意点について詳しく解説していきます。

回答が100%正しいとは限らない

GPT-4を利用する際、その回答が100%正しいとは限らない点に注意が必要です。

このモデルは高度な能力を持ちますが、完全無欠ではありません。

GPT-4はGPT-3.5よりも事実に基づく回答を生成し、推論上のエラーを減らすように設計されていますが、それでも間違いを犯す可能性があります。

特に生成したテキストには、その場で創造された内容が含まれることがあり、これは必ずしも正確や事実に基づいているとは限りません。

例えば、ある特定の制約を持つ詩を作成するよう指示した場合、GPT-4はその制約を完全には守らないことがあります。

またモデルが生成した内容の正確性について自信を持って分析する場合でも、その分析が間違っていることがあります。

GPT-4はテキスト生成において高度な機能を持つ強力なツールですが、その応答が常に100%正確であるとは限りません。

そのためGPT-4の応答を検証し、必要に応じて追加の情報源を参照することが重要です​​​​。

使用回数制限がある

GPT-4を利用する際、特にChatGPT Plusサービスで使用する場合、一定の時間内にメッセージ数に制限が設けられている点に注意が必要です。

GPT-4は計算処理が集中しており、利用にはサーバーリソースが必要です。

これにより、OpenAIは利用者に対して一定の使用制限を設けています。

特にChatGPT Plusでは一定の時間内に使用できるメッセージ数が制限されており、この制限は需要に応じて変動することがあります。

ChatGPT Plusのユーザーは、例えば3時間あたり40メッセージの使用制限が設けられていることが報告されています。

ただし、この制限は時として変更される場合がありユーザーはサービスの利用中にこれを超えると一時的に使用が制限される可能性があります。

GPT-4の利用にあたっては、これらのメッセージ数制限を理解し計画的に使用することが重要です。

また制限に達した際の対応策として、使用履歴の確認やアカウント設定での制限状況のチェックが役立ちます​​​​​​​​。

セキュリティ面での課題がある

GPT-4を利用する際にはセキュリティ面での課題が存在し、これらに対する適切な対策が必要です。

GPT-4の利用においては

  • データのプライバシー
  • 不正アクセス
  • 敵対的攻撃
  • モデルのバイアス
  • モデルの所有権と制御
  • コンプライアンスと規制要件
など、複数のセキュリティ関連の問題が考慮される必要があります。

例えば不正アクセスや敵対的攻撃に対しては、強固な認証メカニズムやアクセス制御、入力検証と監視技術を含む対策を講じることが求められます。

またモデルが偏見を持つデータでトレーニングされた場合、それがバイアスを増幅する可能性があり、法的および倫理的な問題を引き起こす恐れがあります。

OpenAIは過去にデータ漏洩の事例があり、ChatGPT Plusのサブスクライバー情報の一部が露見したことがあります。

また、GPT-4システムに対するSQLインジェクションのような攻撃が可能であることも指摘されています。

このような攻撃を通じてシステムを不正に操作し、偽情報の拡散やマルウェアの開発が行われる可能性があります。

GPT-4の利用には、

  • データプライバシー
  • アクセス制御
  • モデルのバイアス
  • コンプライアンスの問題
に対処するために、技術的および組織的な対策が必要です。

GPT-4に関するQ&A

GPT-4に関するQ&A
  • GPT-4を無料で使えるのはいつから?
  • ChatGPTのバージョンを確認する方法は?
  • GPT-4とBingの違いは?
GPT-4に関するよくある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

GPT-4を無料で使えるのはいつから?

GPT-4は、2023年7月7日に一般公開されました。

GPT-4を使うためにはChatGPT Plusという有料プランに加入する必要があります。

Microsoft Bingなどでは無料でGPT-4のシステムを利用できるため、もし無料でGPT-4を使いたいのであれば試してみてください。

ChatGPTのバージョンを確認する方法は?

ChatGPTの現在のバージョンを確認するには、ChatGPTのアカウント名をクリックします。

「My plan」というメニュー項目をクリックすると、現在のプランを確認可能です。

GPT-4とBingの違いは?

GPT-4とBing AIの主な違いは、Bing AIが検索エンジンに特化している点にあります。

Bing AIはMicrosoft Edgeブラウザに統合されており、より特定のデータを検索する際に役立ちます。

一方で、GPT-4はさまざまな用途に使用できます。

その理由として、Bing AIはMicrosoftのBing検索エンジンに最適化されており、特定の検索結果に基づいて精度の高い情報を提供するように設計されています。

また、Bing AIはWebブラウザに統合されているため、よりテーラーメイドな出力が可能です。

これに対しGPT-4は独立したインターフェースを持ち、強力な統合機能とプラグインを提供しています。

具体的には、Bing AIは検索結果やリンク、視覚的な情報を取り入れることができます。

これにより、ユーザーにとってより有益な情報を提供できるようになっています。

GPT-4はソースが限られているため、提供されるデータの正確性には制限があります。

GPT-4とBing AIの主な違いは、Bing AIが検索に特化していることと、ブラウザ統合によるテーラーメイドな出力能力にあると言えます。

GPT-4はさまざまな用途に対応する汎用性の高いツールですが、Bing AIは検索経験を高めるために特化して設計されています​​​​。

まとめ:GPT-4の使い方を理解しましょう

ここまでGPT-4の使い方や利用料金、GPT-3.5との違いについて詳しく解説してきました。

GPT-4は高度な言語生成機能を搭載しており、前モデルのGPT-3.5に比べて高い性能をもっています。

月額20ドルの有料プランを契約すれば誰でも利用可能で、あなたのビジネスのニーズに対応できるでしょう。

AIの力を最大限に活用したいと考えているのであれば、ぜひGPT-4を使ってみましょう。

なお、GPT-4を使って効率的にブログ記事・SEOコンテンツを作成したいのであればAItoolsを利用するのがおすすめです。

今なら5日間の無料トライアルもご用意しているので、AIライティングに興味がある人はぜひチェックしてください。

AItoolsの詳細はこちら>>

最初のコメントをしよう

必須